最近思ったこと(5月23日)。

日大アメフトの悪質タックルの件は、監督の雲隠れからひどい記者会見に至るまで、
最低なところしかないという感想です。
ただ「内田前監督」と「日大の体質」という特定の案件に関して、
私が書こうと思うことは特にありません(ちなみにアメフト好きの旦那は彼らに怒り狂ってる)。
私はもう少し話を拡げて、日本のスポーツに関していろいろ思うことを
つらつら書いておこうと思います。

・THE PAGE
なぜ悪質タックルをした日大選手は善悪を判断できずに暴走したのか?

>もちろん個人差はありますが、チームの指導者がスパルタ式に圧力をかけて、
>その雰囲気や、空気からメンタルが弱くて精神的に追い詰められてしまった選手は、
>その行為の善悪を区別することができなくなる場合があります」

(中略)
>前近代的な指導体系、チーム体質であるならば、
>選手が“指導者に言われたことをやらなかったときにどうなるか”という例を
>ずっと間近で見ていくことで、よりプレッシャーを強く感じる
ことになります。
>選手は、“できない”“やれない”と言って信用、立場を失うことを恐れます。
>ネガティブになります。そうなるとノーとは言えないのです。
>アメフットやラグビーといったコンタクト競技は格闘技的要素が強いものです。
>スポーツと暴力の境界線を守るためには、なおさらメンタルコントロールが必要になってきます。
>本来は、そのプレーをする理由を指導者が説明できなければなりません。
>私は、それを科学的根性論と呼んでいますが、目的を達するために何をどうするべきかを
>すべて説明し、選手が理解、納得した上でトレーニングという準備を行い、
>ミーティングでイメージを高め試合に入ることが必要なのです。
>そういった作業を省き“チームが勝つために言われたことをやれ!”というのは、
>何十年も前のティーチングであり、とてもコーチングとは呼べないものです。
(中略)
>あくまでも一般論としてですが、前近代的なスパルタ、間違った根性論がはびこるチームでは、
>しばしば、こういったメンタルに起因する問題が起きるのです」

この記事に書かれていることって、私が以前書いたこととリンクする所があるように思います。
順番前後しますが、「スポーツと暴力の境界線を守るためにはメンタルコントロールが必要」
という部分に関しては、日馬富士の暴力事件に関する以下のツイートが該当しそう(↓)。



今回の場合、選手ではなく日大の監督・コーチ陣が、
選手のメンタルコントロールや今どきのコーチングについて
全くわかっていなかったんじゃないの?という話だと思うんだけど、
これって日大に限定できる話ですかね?
前近代的なスパルタ、間違った根性論をふりかざす指導者って、
中高の部活単位でも結構多いのではないかと私には思えます。
要は「日本式根性論」がはびこる日本のスポーツ界に、
メンタルコントロールを含む「健全な精神」を養うための環境はとても整ってないのではないか、
というのが私が長年疑問に思っていたことの1つ。
そしてそのような環境でスポーツをしていて、はたして楽しいと思えるのか、
というのがもう1つの疑問です。これに関しては以下のツイート(↓)。





日本の前近代的な考え方として、
「厳しい指導を乗り越えてこそ」「苦しみに打ち勝ってこそ」人は成長できる、という
根性論があると思います。
それが行き過ぎてしまって『楽しんで何かをやることは悪』という考えに至ってしまい、
他人にそれを強要する人が日本には意外と多い、ということは以前から思っていました。
(※追記:「苦しみに打ち勝ってこそ」の「苦しみ」のところにスポーツが入ってしまうと、
スポーツを楽しむこと自体が「悪」になってしまったり、
プレーや練習の楽しさを「罰」にさえ変えてしまう危険がある。これが日本の悪しき根性論。
私はスポーツの練習も指導も、もっと合理的・科学的にしていくべきだと思っていますが、
中高の部活レベルでそこまでできるかどうかを考えると、難しい問題ではある)
もし指導者がこうした根性論的な考えを持っていたら、
前述のようなメンタルコントロールの必要性など感じないだろうし、
前近代的なスパルタ・しばきあげのチームになってしまうだろう…と
『振り出しに戻る』みたいな話になってしまいました(結論が出ねえ)。
ただ、とてもぼんやりしていますが「指導者の問題である」とは総じて言えると思います
ちなみに、こうした前近代的根性論が根底にあると思われる日大タックル問題について、
「過度の勝利至上主義」を原因に挙げている記事が以下(↓)。

・AERA dot.
日大アメフト部の悪質タックル問題  過度な「勝利至上主義」が背景か

>高橋さんは、試合で熱くなりラフプレーをしたサッカー部員を即ベンチに下げたことがある。
>「君がそんなプレーをすると、みんなの楽しさを壊してしまう。そんな権利は誰にもない」
>と諭した。
>「相手を壊して勝つ」ことに軸足を置くのではなく、自分自身と仲間がルールを大切にしながら
>本気で楽しみ勝利を目指すことがスポーツの本質
だと訴えてきた。
(中略)
>勝利至上主義は日本のスポーツ界全体の根深い問題であり、
>スポーツをする意味の本質を理解しない限り、同類の不祥事は永遠に繰り返されるだろう。
>スポーツ庁の鈴木大地長官が「遺憾」「残念」を口にする場面を
>今年に入って何度見てきたことか。
>ライバルを陥れようとしたカヌーの禁止薬物混入、角界の暴力、日本レスリング協会のパワハラ。
>すべての問題の根底に、「強ければすべて許される」という価値観が横たわる。
>特に大学スポーツは、少子化で学生獲得に苦心する各校の広告塔の要素が色濃く、
>影響を受けやすいのだろう。

「勝利至上主義」は、おそらく直接的な原因であると私も思います。
ただ間接的には、「日本式根性論のはびこる空気」というのも関係しているのではないか、
とも思います(日本式根性論の上に勝利至上主義が乗ってるくらいの関係では)。
次に、悪質タックルをした選手に通じる日本人の精神について考えてみたいけれども、
さすがに長くなってしまったので別の機会に。

音楽:最近のお気に入り曲(5月22日)。


大好きデュア・リパちゃんと、お気に入りのカルヴィン・ハリスのコラボだったら
絶対好きな曲に違いない!と思って聞いてみたらやっぱり好きで、
最近1番のお気に入り。
ハァ~~~、デュア・リパちゃん超美すぃ~~~い!!!


180520-d1.jpg
デュア・リパ見てるとなんとなく、女優のベアトリス・ダルを思い出す。
(唇のぷっくり具合とか、似てない?)
ただベアトリス・ダルはなんとなく精神的な脆さ危うさみたいのがあり、
やはりセックス・シンボル的な感じで「女子ウケ」はしなかったような気はする。
(男を不幸にするし、自身も男で不幸になりそうなイメージ…)
デュア・リパちゃんはもっと意思が強そうで「自分」を持ってる雰囲気があるし、
セクハラにも「NO!!」と言ってくれそう。やはり現代の歌姫という感じ。

最近思ったこと(5月22日)。

・AERA dot.
政治学者・白井聡が語る〈安倍政権の支持率が下がらない理由とその背景〉
政治学者・白井聡が語る〈日本を再び破滅に導く「戦後国体」の正体〉


>政権の常軌を逸したひどさが日々刻々と証明されてきたにもかかわらず、
>支持率の動きは底堅い。これが示しているのは、
>自分たちの社会が破綻しているということからも、劣悪な支配が進んでいるということからも
>目を背けている人々が数多くいる、ということ
です。
(中略)
>端的に言うと、「国体」のなかで育てられた人間は、自由を知らず、
>民主制における政治的主体になり得ないのです。
>一般に国体と言えば、「万世一系」の天皇を家長とし、その子である臣民で構成された共同体
>という物語です。こうした家族国家観は、家族の間に支配はない、と
>「支配の否認」という心の構造を日本人に埋め込んでしまった。
(中略)
>支配されていること、つまり不自由を自覚するところから自由への希求と
>知性の発展が始まりますが、そもそも支配されているとの自覚がなければ、
>何も始まらず、奴隷根性だけがはびこります。「支配の否認」を続けている限りは、
>日本はこの閉塞感から抜け出すことも、さらなる破局を逃れることもできないでしょう。
(中略)
>──私たちが知らない間に刷り込まれている「戦後国体」から脱却するためには、
>どうすればいいのでしょうか。
>これは難しい問題です。
>一つ言えることは、「結局は個人の質にかかっている」ということです。

1つ目の赤字にした部分に関して、以下のようなツイートがありました。

まさにこういう人のことだな…
私自身は、上の記事にあるような「国体」というものを意識したことはありません。
ただ日本には民主主義は根付いてない、精神はむしろ封建主義っぽい感じがすると
思っていたけど(それが「国体」ということなのかな)、
その方が楽だと考えている人が実は多いのではないか、と最近思い始めています。
ただね…底に穴のあいた船に乗り続けたい人は勝手にそうすりゃいいけど、
道連れにされるのはこっちはごめんなんですよ。
『あー水が入ってきてる…このままだと沈むなこりゃ』って黙って見ているわけには
いかないんだよね。

>「戦後の国体」の受益者たちは、自らの権益を維持するために、
>国体を守り抜こうとするはず
です。
>そのために社会や人々がどれほど不幸になろうが、彼らの知ったことではありません。

現与党の人たちが自浄作用を働かせてくれていたら、まだ信頼することができたかも。
でもね、ハッキリとわかった。
お前ら自分の権益さえ守ることができれば、社会がめちゃくちゃになって
国民がどれほど不幸になろうが知ったこっちゃないって思ってるんだろ!!

バファローズポンタを刺繍 その3。

180517-p1.jpg
久しぶりにバファローズポンタを刺繍してみました。
今回は、見よう見まねでワッペン仕立てにしてみたんだけど、
まー随所で私の雑さが際立っておりますw
今お菓子作りブームの波が私の中で戻ってきていて、
なかなか刺繍する時間が取れないんだけど、
コツを忘れないようちょっとずつでも継続していきたいと思っています。

サッカー:気になるニュース(5月20日)。

・FootballChannel
プラティニ暴露。1998年W杯は「フランスが決勝までブラジルとあたらないようになっていた」

98W杯に限らないけど、『この組み合わせ、操作されてるんじゃないの…?』と、
なんとなく疑うことは確かにあった。
しかし『そんなわけない、公正にやってるはずだ』と信じていたよ。
でも、認めちゃったわけなのね。
もうね、クソオブクソ ですわ。どんどんどんどん気持ちが離れていく…

最近思ったこと(5月20日)。

・BuzzfeedNews
「これで日本がよくなると思った」弁護士への大量の懲戒請求、送り主の人物像とは

>在日コリアンや「左翼」「反日」とされる人たちを批判する内容が中心で、
>「日本再生」などを呼びかけ、弁護士のみならず政治家など、
>様々な人たちに対する集団告発を繰り返している。
(中略)
>「和解した複数人が、『これで日本がよくなると思った』と言うんです。
>おそらく、ネットの掲示板に書き込むとか、テレビに向かって悪態をつくとか、
>匿名で投書をするとか、それに近い感覚で請求を出しているのでは」
(中略)
>「日本を立て直すために、反日の議員や弁護士をやっつけようとの呼びかけに、
>どうしてこんなに賛同が集まるのか。根底には、ヘイトの感情があるとも思っていますが、
>昔だったら考えられないことですよね。ネット時代の副産物なのでしょうか」


私のように日本に対する批判ばかり書いている人間は、
ネトウヨの人たちからしたら「反日」なのかもしれないですね。
(まぁ、「反日」と呼びたきゃ勝手に呼べば?と思ってるけど)
ただ私も、日本を立て直すとまでは思ってないけど
これ以上悪い方向に行くのをなんとか食い止めたいという思いがある。
言ってしまえば「思いは同じ」なのに、
なぜネトウヨの人たちは在日コリアンや自分たちが「反日」とレッテルを張った人たちに
敵意を燃やし、迷惑行為をする方向にいってしまうのか。
たぶんだけれども、「自らを省みる」ことができるかどうかというのが大きいかもしれない。
ネトウヨは客観的に自分を見ることができず、思い込みが激しくて、
全てを「人のせい」にしたがる人たちのように私には見える。
じゃなければ、そんな怪しげなブログに簡単に扇動されたりしないでしょ…
まぁ自分たちのした行為の代償は高くつくようですが、同情はしません。
キッチリ法的制裁を受けてください。

野球:花は咲く 楽天イーグルスver.(Youtubeより)。


先日この動画を初めて見たんだけれども、とても良かったので貼っておきます。
(『岸くん出てこないな~』と思ってたら、1番良い所を持っていったw)
楽天、開幕前は『今年は優勝するぞ!』とすごい意気込みだったけれども、
蓋を開けたらこのズッコケ。本当に想定外だったけれども、
マンガのようにうまくいかないのもまた人生。だからおもしろいんですよ。
今年はなんとかプレーオフに滑り込んでくれるよう、のんびり応援します。

バスケットボール:クロアチア・プレミイェル・リーガ セミファイナル・ザダルvsツィボナ・ザグレブ。

180514-zc1.jpg
各国のバスケットボールリーグが佳境のプレーオフを迎えていると思いますが、
クロアチアのバスケットボールリーグでもプレーオフ・準決勝が行われています。
で、ザダルホームで行われたザダルvsツィボナは、
89-78でザダルがまず1勝をもぎとりました。
久しぶりに見たトマスが潔い坊主頭になっててびっくりしたのと、
(しばらく試合出てなかったけど怪我してたのかな…詳細わからず)
この画像の背景の人たちがなかなか濃ゆいのが気になります。

180514-zc2.jpg
いつもは上方の席に陣取っているトルナードの皆様が、
この試合は下方の席にいたらしく、騒がしいことになっていたようです。
トルナードにはそれほど悪感情を持っていないのですが、
さすがに脱がれると『うわあ…(ドン引き)』と思います。着てろよ…

180514-zc3.jpg
私の大好きブルゾヤが左手首を痛めているとかで、この試合欠場だったのは残念でした。
ただバシッチが活躍したようですね。34分プレーして10pt、4reb、5ast、3stlでした。

・ザダル 89-78 ツィボナ

最近思ったこと(5月11日)。

作家・高村薫氏が憲法記念日に西日本新聞に寄せた論考を、Twitterで発見(↓)。
(画像クリックで拡大表示されます)


>今回の不祥事では、官邸も官僚も一線をはるかに越えていても、のうのうとしらを切る。
>この事態を、私たちは心底恐れるべきです。
>というのも、これは真実や正義が価値を持たなくなった世界の出現を
>意味するからです。
>かつて「お天道様が見ている」と言われたような絶対的な規範は、もう存在しない。
>いまやうそとわかっていても、フェイクニュースであっても、
>「いいね」ボタンが多ければOKという社会が出現しているのです。
>そして、その「いいね」も日々変わっていく。
>真実や正義や構成が意味をなさない時代になり、原理原則が崩壊した社会に
>私たちは生きています。

私は以前、「日本人には明確な正義の概念がないのではないか」という疑問を
ブログに書きましたが(コチラ)、同じことを言っていると思います。
私が今の日本が本当に嫌だと思うところは、まさにここです。
正義の概念がなさすぎる。
もう底が抜けすぎててみんな麻痺してるかもしれないけど、
あり得ないことが続きすぎですよ。
どうしてこんな不正がまかり通ってるの。どうしてなあなあで許されているの。
こんな日本がもう嫌で嫌でたまらない…


藤子不二雄の言葉は本質をついてるから、汎用性が高いんだな。
安倍政権を表すのに、まさにピッタリだと思う。
ただ、嘘をついたのび太にはそれなりの罰が返ってきてると思うけど、
今私たちが見せられている政治劇には因果応報がないんですよ、今のところ。
本当に嫌になるしあきらめの境地に達しそうになるけれども、
嘘をついたら悪いことをしたら、必ずその報いを受けるという世界に生きていると
信じたいですよ、私だって…
GO TOP